ラッキーなことが続きました

法事
最近、親戚の法事があったので前日から行ってきました。
法事があったのが朝早かったこともあって、一泊した方が楽に出席できると思ったので、法事が行われるところに近い駅のそばにあるホテルに宿泊しました。

ホテルに予約を入れようとすると、最近はけっこう観光客が多いようでした。やっと予約が取れた部屋は和室。ホテルなのに和室があったんだとちょっとびっくり。
そのホテルには、親戚に何かあったりするとよく宿泊をするのですが、いつもは洋室でしたので和室があることを知りませんでした。
一人で宿泊しましたが、けっこうゆったりとした造りになっていて、旅館のようでした。ホテルと言えば洋室でベッドという感じで思い込んでいましたが、和室があるなら和室でもなかなかいいなと思いました。小さな子どもがいたりしたら、洋室よりも和室のほうが安心して寝ることができると思います。

翌日の朝ホテルの一階からタクシーに乗ろうと思っていると、ロビーに叔母を発見。一緒のタクシーで行くことになりました。タクシー代は叔母が払ってくれたので節約できてラッキー。法事にはいろんな親戚が来ていて、久しぶりに会って話ができました。帰りにも叔母と同じ帰路だったのでタクシー代を出してもらいました。またまたラッキーと思っていると、新幹線でも叔母におごってもらったのです。

帰りの新幹線も指定席で買っていましたが、叔母たちと同じ新幹線で一緒に帰ろうと誘ってもらって、叔母のご主人が私の切符も一緒に時間を繰り上げるために緑の窓口で交換してきてくれました。私が買っていたのは普通車でしたが、叔母たちはグリーンだったので私もグリーンにアップグレードしてくれていました。ラッキーなことが続きました。グリーンにアップグレードすると5000円くらい余分に払わなくてはならなかったのでしょうが、お金持ちの叔母たちにはたいした出費ではないようでした。
一緒におしゃべりしながら変える方が楽しいからということで、ラッキーでした。